素敵な和食器アイディア

素敵な和食器選びのコツ教えます

和食器「越前漆器」の歴史について

「越前漆器」の歴史について 和食器としての越前漆器はおよそ1,500年前に始まるといわれています。継体天皇が皇子であった時にその冠の修理を、現在の鯖江市片山地区の塗師に依頼したところ、修理して黒塗りの椀を添えて献上し、皇子はその見事さに感動して片山地区での漆器づくりを奨励したと伝えられています。この地域は古くから漆の産出地であり、また、近江から移住してきた木地師がいたことから漆器が盛んに作られるようになりました。
元々越前漆器の特徴は堅牢さにありましたが、江戸時代に以降は京都から蒔絵を、輪島から沈金の技法を取り入れる等して次第に華麗な装飾性を帯びてくるようになります。優秀な木地師を抱えて椀類を主に生産していましたが、明治半ばには、四角いお膳類や重箱柿など形も多様化してきたことで、旅館等の業務用和食器としても販路拡大します。
また近年は家事の合理化志向と相まって食器洗い機対応のもの等作られています。さらに装飾品としての価値も認められ県内外各地の山車や神輿の塗りや修理なども行われています。

和食器を手軽に揃える方法!

和食器を手軽に揃える方法! 和食を食卓に出すときに、和食器を使うとよりおいしそうにな印象になります。和食器はやはり煮物や焼き魚など、和食を引き立てる良いアイテムです。なんだか高そうなイメージがありますが、意外と手軽に揃えることができます。
最近では100円ショップでもかなり見栄えの良い物が手に入ります。言われなければ100円で買った物とはわかりません。その他に食器の問屋へ行くのも良いでしょう。問屋もお手軽価格で購入でき、量も多く揃えられるので同じ物を複数枚欲しい時などに向いています。本格的な食器が揃っているのも魅力です。古い物やレトロな物が好きな人は、骨董市などに行っても味のある和食器の掘り出し物があるかもしれません。一つ買ってみると小鉢やお茶椀など色々な種類に興味が出てくるでしょう。
若い人でも和食器が好きな人は多いです。食器一つで食卓の雰囲気も随分変わります。おいしそうな和食を演出できるように素敵なデザインの物を探してみてください。

新着情報

◎2018/5/21

和食器はセットで買う方が良い
の情報を更新しました。

◎2018/3/13

和食器の弁当箱の良さ
の情報を更新しました。

◎2018/1/25

和食器の適切な保管方法
の情報を更新しました。

◎2017/11/28

和食器を長く使うために
の情報を更新しました。

◎2017/9/25

和食器の取り扱い
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

サイト公開しました

「食器 漆」
に関連するツイート
Twitter

ところで今回の地震で割れた食器は捨てずに金継へというツイートが回ってますが、あれは時間を掛けてを何度も重ね仕上げに金を重ねるもので職人にお願いすると万は確実(継ぐ大きさで金額が決まる)、自分でやろうとしても恐ろしく時間が掛かるので、家宝レベルの品の場合の話です。ご参考までに。

Twitter gantantouroku ハト牧場 夏コミ土曜西1 ほ-42b

返信 リツイート1 15:57

しかし、のことや、その扱い方を知っている人がいなければ… 身の回りのもので食器をつくるという基本的な知恵さえ… 人間がの使い方を発見する縄文時代以前に逆戻りだ。

Twitter F0XxB0Xx 刷毛や狐

返信 リツイート 11:37

返信先:@chocotton100 食器に使えないんだ。今はじゃないのですかね?

Twitter shiwolie △かすが

返信 リツイート 11:22

出たー梶浦さんがプロデュースの食器シリーズ!!食器とかこだわりありすぎるw箸は買うかなwww fictionjunction.com

Twitter miracle7vlngirl めひろん

返信 リツイート 9:00

ニセモドキみたいのを使うと安いんだけど、食用食器として利用しないでくださいとあり むむぅ

Twitter kano_poo かのこ

返信 リツイート 8:20

お陰様で、カラフルな # が増えています。(当社、展示場にて)| #伝統 工芸 #山中 #山中塗 嘉匠菴 #カラフル # #雑貨 #食器 #Japan pic.twitter.com/QPoNOJEm5x

Twitter kasyoan 嘉匠菴 大尾嘉漆器

返信 リツイート 5:52

金継ぎで、食器に新しい命を吹き込む – スマイルすまい danshin-smile.com/kintsugi-1/ 最後だけを使う簡易的な方法。1週間位でできあがります。超不器用なわたしでも、使えるレベルまで直せました

地震で割れてしまった焼物を金継ぎすればいいみたいなことをちらっと見たけど、食器で使う際は電子レンジとオーブン、乾燥機能付き食洗機は使用できない。がぼろぼろになって継いだところから割れてしまうから。毎日頻繁に使うような焼物には不向き。置物や銘入りの逸品向きですね。

Twitter muneito_zumi そじゅまる

返信 リツイート1 1:45

返信先:@haruka1136 ちゃんとした技法だと、本や道具や真綿などの材料、金粉代で1万円以上かかると思います。 なんちゃってだと、代用金や合成、パテを使うのでその半額以下で繕えますよ(^o^)ただ微量の鉛が含まれているらしく食事用の食器には向かなくなってしまうんですが。 以下なんちゃって途中経過です~ pic.twitter.com/9gDmWlGhip

下記のものを使うというブログが散見されます。釣り具の補修用塗料「新うるし」として売られているカシュー、金・銀粉(それぞれ代用金属として真鍮・アルミなど)の使用は自己責任で(安価ですが、元々は食器用ではありません。食品衛生法をパスしていない量の鉛や有機溶剤が含まれる可能性があります)

Twitter suwaiz36 内堀 孝美

返信 リツイート 昨日 17:35